スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




庭の番人?カマキリ

カマキリは私の好きな昆虫です。

鎌を構えている姿もかっこいいし
なんだか表情がある気がして。

カマキリの大好物はイラガだそうです。
よろしければ過去記事参照してください
⇒ イラガ、一網打尽(2009.7.27)

それを知ってから、私はあちこちでカマキリを捕まえては
庭につれてくるようになりました。
子供たちにも、頼んであります。
卵も付いている枝ごと取って来てもらいます。

カマキリにも縄張りがあるでしょうが
どのくらいの広さなのかな?


今年の初夏、リビングの東の窓に作ったグリーンカーテンに
子供のカマキリが一匹住み着きました。
カーテンの上をあちこちと移動はしていますが
毎日どこかに留まっていました。

見かけるたび、「おはよう」とか「元気?」とか
声をかけたりして、
気分はすっかりお友達。

このグリーンカーテン、フウセンカヅラなのですが
小さな白い花がたくさん咲くので
虫もたくさん来るのです。

それで、気に入ったのかな?

カマキリは脱皮しているらしく、少しずつ大きくなっていました。

しかし、ある日、どんなに探してもいないのです。
わざわざ表に回って、上から下まで
なめるように見てみましたが
見つかりませんでした。

短い間のお友達だったなあ。。

それから、ときどき、何となく探してみては
「やっぱりいない」って、寂しい気持ちになりました。


ところが、9月のある台風のあと
外にいた子供が
「おかあちゃん、カマキリ君おるで!」
と、言うではありませんか!

あわてて、外に出てみると、
窓から見えないあたりの低い位置に留まっていました。

「あのすごい風でも、がんばったんやね」
と、子供たちと一緒に感心しました。

驚いたことに、カマキリは大人になっていました。
背中に立派な羽が付いていたのです。

それからしばらくは、見かけるたびに
挨拶したり、つんつんとつついたりして
楽しく過ごしていました。

が、しかし、ついに
カマキリがどこかへ行ってしまったのです。

またまた寂しい気持ちですが
同じところにずっと留まっていては
結婚もできないし、仕方ないよね。

オスだかメスだかもわからなかったけど
うちの庭で卵を産んでくれたらいいなあ
と、思っています。

ブログランキングに参加しています!
 ぽちぽちっとクリックありがとうございます。
 人気ブログランキング



何かで、カマキリは庭の番人(人じゃないけど)だと
読んだことがあるような気がします。

悪い虫を取ってくれるから
そういう風に言われるのかなと思っていました。

でも、実はそれだけじゃなくて
同じところにじっと留まっているって所も
「番人」と言われる理由なのかなと
思いました。

グリーンカーテンに住み着いてくれて
毎日楽しかったけど
本当は手の届かないケヤキやモッコウバラに
住み着いて、虫取りして欲しいなと思います。
わがままですね。



コメント

カマキリ

サザエさん今日は。
またまた我が家のことを書かれたのかしらと思ってしまいました。(笑)
カマキリを連れ帰るところが凄いですね。

我が家は2種のカマキリが住み着いていて 卵も毎年産んでくれるのですが 卵から孵るところがなかなか見られません。
今年もあちこちでカマキリを見ますが 卵の数より少ないのは カナヘビなどに食べられているのではと思います。

カマキリがイラガを食べてくれるのはありがたいですね。
あのイラガはカノコガが成虫と聞いて この頃処分しています。
確かに杏の木の周りを飛び回っていました。
その為イラガが少ない気もしますが・・。

昆虫ばんざ~い。
子供さんたちにもいい教育になっていますね。
素敵なサザエさんでした。
Secret

プロフィール

サザエ

Author:サザエ
○R40女性。
○夫、長男(10)、次男(8)の4人家族
○2003年2月現在の家に引っ越してきてから手探り、体当たりで庭造りをはじめる。なるべくお金をかけずに、小さなことからコツコツと・・・(ただし、手間はかけない)というのがモットーです。
⇒1年間限定でロンドン北部に在住。ガーデニングはお休みしてます。もうひとつのブログやってます。⇒ ロンドン ウッドサイドパークの生活便り
⇒ 2011年4月に帰国。荒れ果てた庭を細々と手入れ中です。休みの間にすっかりサボり癖がつき、なかなかお庭が回復しないで困ってます。

ランキング

よかったら応援お願いしますね。

FC2ブログランキング

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

アクセスランキング

人気記事ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。